遺言のすゝめ
yuigon-no-susume
_- おしながき -_
遺言の意義(TOP)
遺言の意義
遺産相続をめぐる骨肉の争い、できれば避けて通りたいですね。誰もがそう思っています。

しかし、そう思っているだけで何もしなければ、結局、遺産をめぐる争いが生じたり、遺産分割に納得がいかず後々遺恨を残したりと、それまでの人間関係にヒビが入ってしまうことがあります。これでは遺産を残す人も死んでも死に切れません。

親族間の無用な争いを避けるにはどうすればよいのか、その解決方法の一つが遺言です。遺産相続をスムースに行うため、遺言を活用することは非常に有効です。

自分の財産は自分の思うようにする。これは生きている間は当然のことです。しかし自分が死んでしまったら、その財産はどうなるのでしょう。

財産の処分の方法を決めずして死んでしまった場合、財産の相続は民法で定められた法定相続の割合による画一的な取扱となってしまいます。特定の人物に財産を多く相続させたいという意思があったとしても、遺言が無ければ法定相続分に従うことになり、場合によっては親族間の争いのタネになってしまいます。

このように、遺言は自分の財産の死後の処分を自分で決めるためのものであり、余計な紛争の予防としての意味合いもあります。

しかし、遺言はただ自分で書けばそれが遺言になるかというと、それは残念ながらNOです。法的に有効な遺言となるためには、その方式及び内容が法に適したものである必要があります。つまり、要件を満たしていない遺言は無効になってしまう可能性があるのです。

遺言は、遺言者の生前の意志を死後において実現させるものであり、特に財産に関するものが中心となるため、遺言の存在や内容の真実性が保証されなければ争いが生じてしまいます。このような争いを未然に防ぐため、遺言の要件は民法において厳格に定められているのです。

(c)2005 遺言のすゝめ
大岡行政書士事務所